札埜 高志 / FUDANO Takashi

札埜 高志緑文化・生活部門 観賞園芸研究室
兵庫県立淡路景観園芸学校 景観園芸専門員
兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科 講師


経歴

平成6年   山口大学農学部 卒業
平成6年   京都大学大学院農学研究科 入学
平成11年 京都大学大学院農学研究科 退学
平成11年 京都大学大学院農学研究科附属農場 助手
平成21年 博士(農学)
平成23年 兵庫県立淡路景観園芸学校 景観園芸専門員
     兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科 講師

教育活動

【大学院 緑環境景観マネジメント研究科】
フィールド植物観察演習I&II(分担)
植物管理技術演習I&II(分担)
造園施工演習(分担)
園芸植物活用論(主任)
園芸植物活用演習(主任)
反復型インターンシップ(分担)
緑環境景観マネジメント企画演習(分担)
活用デザイン実践演習(分担)

【園芸療法課程】
園芸学基礎(分担)
園芸と環境(分担)

【生涯学習課程】
まちづくりガ-デナ-・本科コース(分担)
まちづくりガーデナー・テーマコース(分担)

社会活動

【委員・幹事等】
園芸学会会計幹事
人間・植物関係学会理事
淡路夢舞台ラン展ランコンテスト審査員

【所属学会】
園芸学会
日本生物環境工学会
人間・植物関係学会
農業生産技術管理学会

研究活動

【論文】
・Fudano, T., K. Kataoka, R. Takisawa, F. Kishida, M. Toyoda, M. Kaneko and Y. Shiroyama. 2016. Utilization of bamboo powder as a substrate for horticultural production. J. JSATM 23(2): 49–60.
・豊田正博・金子みどり・横田優子・浅井志穂・札埜高志・城山豊. 2016. 知的障害者就労支援における農作業分析と難易 評価法の開発. 人間・植物関係学会雑誌 15: 1–10.
・嶽山洋志・東新川寿紗菜・札埜高志・岩崎哲也. 2015. デジタル教材「植物同定クイズ」の制作. 造園技術報告集 8: 138–139.
・山田桃代・札埜高志・豊田正博・金子みどり・上地あさひ・城山 豊. 2014. 有毒な園芸植物に関する意識調査とその取り扱いガイドブックの作成. 人間・植物関係学会誌 14: 35–42.
・岸田史生・榊原俊雄・黒澤 俊・西川浩次・楠見浩二・札埜高志・片岡圭子・北島 宣. 2013. 公開気象観測データを利用したグリーンアスパラガスの日別収量の簡易予測. 農業生産技術管理学会誌 20: 79–84.
・Nara, N., K. Nonaka and T. Fudano. 2013. Production of Anthurium cut flowers in a novel cultivation system -Effect of planting position on flower yield and quality- J. JSATM 20: 59–65.
・片岡圭子・西川浩次・滝澤理仁・札埜高志・池永和義. 2013. 新しく開発された除湿性および保温性の被覆資材を使ったトンネル被覆が単為結果性トマト品種‘京てまり’冬季無加温栽培での果実生産に及ぼす影響. 園芸学研究 12: 141–146.
・Hosokawa, M., H. Suzue, T. Fudano, M. Doi. 2011. Determination of the origin of vigorous shoots generated from particle-bombarded chrysanthemum shoot tips. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 80: 461–468.
・片岡圭子・西川浩次・榊原俊雄・札埜高志・矢澤 進. 2011. 単為結果性トマト‘MPK-1’の冬季無加温ハウス栽培における収量. 農業生産技術管理学会誌 18: 67–73.
・Nakazaki, T., R. Moriyama, H. Kagata, H. Wakahara, M. Naito, K. Katsura, H. Saito, K. Kato, H. Nishida, T. Kawahara, T. Fudano and A. Kitajima. 2011. Flowering traits and their genetic basis in the ancestral tetraploid wheat varieties ‘Emmer’ and ‘Pyramidale’. J. Crop Res. 56: 67–71.
・片岡圭子・西川浩次・榊原俊雄・札埜高志・矢澤 進. 2010. 無加温での冬季トマト果実生産における新規育成単為結果性系統の評価. 農業生産技術管理学会誌 17: 41–45.
・Fudano, T., T. Hayashi and S. Yazawa. 2009. Factors influencing the number of buds per inflorescence in sweet pea (Lathyrus odoratus L.). J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78: 463–468.
・Fudano, T., T. Hayashi and S. Yazawa. 2009. Dynamic model of dry matter distribution and stabilization in the number of buds per inflorescence by overnight supplemental lighting in sweet pea (Lathyrus odoratus L.). J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78: 344 –349.
・Fudano, T., T. Hayashi and S. Yazawa. 2007. Effect of plant density and variety on allometry of inflorescence architecture in Gypsophila paniculata L. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 76: 327–332.
・Kataoka, K., K. Sumitomo, T. Fudano, K. Kawase. 2004. Changes in sugar content ofPhalaenopsis leaves before floral transition. Scientia Horticulturae 102: 121–132.
・森田隆史・西野入将浩・前田匡夫・片岡圭子・札埜高志・河瀬晃四郎. 2004. フザリウムの接種がサトイモのゆ傷組織形成に及ぼす影響. 園芸学研究 3: 97–100.
・中島 譲・森田隆史・片岡圭子・札埜高志・河瀬晃四郎. 2003. シードテープと紙マルチの組み合わせによる葉根菜類栽培の試み. 園芸学研究 2: 293–296.
・札埜高志・林 孝洋・矢澤 進. 2002. アレンジメント用切り花生産を前提としたシュッコンカスミソウの栽植密度. 園芸学研究 1: 187–190.
・札埜高志・林 孝洋・矢澤 進. 2001. スイートピーの開花期における光合成産物の分配. 園芸学会雑誌 70: 102–107.

【紀要】
・Kataoka, K., K. Sunamoto, K. Nishikawa, T. Sakakibara and T. Fudano. 2011. Effect of high temperatures during early stages of fruit development on growth and sugar accumulation continues in latter stages of auxin-induced parthenocarpic tomato fruit. Bulletin of Experimental Farm Kyoto University 20: 15–20.
・Fudano, T. and T. Hayashi. 2009. Buds per inflorescence of progeny obtained from self-pollination of the many-buds type and cross-pollination of the many-buds type and normal type of sweet pea variety ‘Early Lavender’. Bulletin of Experimental Farm Kyoto University 18: 25–30.
・Fudano, T. and T. Hayashi. 2008. Differences of inflorescence architecture among varieties ofGypsophila paniculata L. Bulletin of Experimental Farm Kyoto University 17: 1–5.
・森田隆史・木村和夫・片岡圭子・札埜高志・河瀬晃四郎. 2003. 水耕および組織培養条件下におけるサトイモの自家中毒症状の観察. 京大農場報告 12: 1–6.
・森田隆史・木村和夫・片岡圭子・札埜高志・河瀬晃四郎. 2001. サトイモ変異系統における除けつ処理が球茎の収量および形状に及ぼす影響. 京大農場報告 10: 1–5.
・片岡圭子・札埜高志・小西 剛・西川浩次・森田隆史・河瀬晃四郎. 2001. 夏季のガラス温室における室内気温低下への細霧冷房の効果. 京大農場報告 10: 7–12.

【総説】
・札埜高志. 2012. 切り花生産のための花序の発達機構―シュッコンカスミソウを例にして―. 植物の生長調節 47: 114–119.

【受賞】
・平成28年度農業生産技術管理学会賞学会誌賞(2017.9.11)
・平成23年度園芸学会奨励賞(2011.3.20)
・第10回ファイトテクノロジー研究会優秀賞(1999.11.23)

  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • ALPHA祭
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
  • TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)
PAGE TOP