自然の再生力を活かすことが重要であると思います

東日本大震災で被害にあわれた方々に対してお見舞い申し上げます。
2011年6月5日時点での仙台湾岸の現地調査報告です。

アカマツ高木林.低木層の常緑樹(シラカシ,シロダモなど)はほとんど枯死
低木層・亜高木層の落葉樹(コナラなど)は生残し展葉中,草本層も再生
名取市閖上
砂浜上のアカマツ林.海側の個体が倒れていた.根は地表部に出ていた.
砂に埋もれた砂浜上のアカマツ林砂の堆積が著しい.
粒径の細かい土と瓦礫に埋め立てられた砂浜.土の運び込みにより基盤が砂ではなくなっていた.
一部海浜植生が残存しハマエンドウなどが開花していた.
仙台市宮城野区蒲生
蒲生湿原.湿原は再生しつつあった.
蒲生干潟周辺
残存植栽植物.マサキ,シャリンバイ,シュロは海水に浸水しても生残していた.

stafftest

仙台市若林区荒井神屋敷(海岸から約3.0km地点) 根ごと流されてきたアカマツ.直根は発達せず側根により支持されていたと考えられる.
  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • ALPHA祭
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
  • TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)
PAGE TOP