テーマコース「いきものつながり ~ビオトープの理論と身近な樹木・昆虫観察~」の受講生募集中です。いきものに興味のある方、是非ご参加下さい。(全4回、定員になり次第〆切り)

講師:岩崎哲也准教授

 

第1回 平成29年7月27日(木)ビオトープの考え方、見方と観察          
9:15~10:30、10:40~12:05 1、2限
全体の流れを確認後、ビオトープって何?といったことから、ビオトープの初歩について講義で学びます。その後、キャンパス内を散策し、実際の環境を見ながら考えていきます。

 

 

第2回 平成29年8月17日(木)都市の樹木、チョウや甲虫たち 

9:15~10:30、10:40~12:05 1、2限
身近なチョウや甲虫たちなどの昆虫類と、それらと関係の深い樹木について、その識別方法のコツを講義で学びます。その後、実際に野外で、チョウや昆虫たちと環境との関係などを含めて観察調査をしていきます。

 

 

第3回 平成29年9月28日(木)水辺と樹木、トンボ、ハチたち  

9:15~10:30、10:40~12:05 1、2限
水辺環境のしつらえと、水辺に集まるトンボやハチなどの生きものや、関わりのありそうな樹木について講義で学びます。その後、野外で観察をしていきます。
(水の中ではなく、水辺やその周辺の観察になります。普段の格好でお越し下さい。)

 

第4回 平成29年10月19日(木)樹木と草地、バッタ、ハエたち 

9:15~10:30、10:40~12:05 1、2限
秋は、「草地」がバッタなどの生きものたちでにぎやかになります。草地の環境や生きもの、樹木との関係、秋の鳴く虫たちの声を講義で学びます。その後、身近なコオロギやキリギリスなど秋の虫たちの声を種類別に聴き分けられることを目標に、野外で学習していきます。

募集チラシ・申し込み書

チ   ラ   シ   → チラシ(いきものつながり)

申し込み書  → 申込書(いきものつながり) 

 

PAGE TOP