研究科長からのメッセージ

研究科長挨拶

本研究科は、「都市や地域において緑環境による景観形成に関する具体的な知識、理論と技術力をもって、すぐれた景観をそなえ、安らぎと活力に満ち、緑豊かな都市や地域を市民、国・地方公共団体、NPO法人、関係諸団体とともに実現していく高度専門職業人」の育成を目的としています。

ここでいう「緑環境」とは、植物を中心とした環境のことを幅広く指しています。このような緑環境を持続・発展させていくためには、建築物や土木構造物等のメンテナンスとは異なり、時間的展望に基づいた幅広いマネジメント能力が必要です。緑環境に関するストックが近年増大してきたなかで、今後はこのようなマネジメントの職能が非常に重要になってきます。本研究科の設置は、これらのニーズに応えようとするものです。

このような実践的で戦力となる人材を育成するため、カリキュラムでは、理論教授はもちろんのこと、それを実践に適用する演習にも力を入れ、実務家教員と研究系教員の連携により、段階的かつ実践的な科目を構成しています。

また、全体が一般公開され、それがそのまま演習フィールドとなる美しい緑環境のキャンパス、兵庫県行政組織との直接連携体制、学生の良好な学習環境を確保するスタジオや全寮制など、他に類を見ない教育環境を整えています。

このような教育に有用な環境を最大限に活用して、地に足の着いた教育を展開し、これからの緑環境景観マネジメントを担っていく人材の新しい姿を全国に発信していきますので、多くの学生の方の入学をお待ちしております。

兵庫県立大学大学院 緑環境景観マネジメント研究科
研究科長 美濃 伸之

 

 

 

 

PAGE TOP