氏名

山口誉貴

入試方法

一般入試

出身大学学部学科(専攻)

宮崎大学農学部→鹿児島大学農学研究科中退

入学のきっかけ

動物の勉強だけではなく植物の勉強もしたいと思ったからです。あと家が近いことも大きいです。

受験対策

環境保全関係の勉強は元々していたので行っていません。造園など未知の分野に関して対策を行いました。余裕がない場合は分野の取捨選択を行った方がよいと思います。

学生生活について

森がすごく近いので植物を含めて近くに昆虫や動物がたくさんいます。なので将来的にいきものを調べる仕事をしたい場合に動植物の分布域、分布時期、どのような場所を好むのかを自分自身で模索することができます。勉強をほとんどしなくても勝手に知識がたまっていくのでとてもいいと思います。そしてわからない時も先生方が気軽に教えてくれるのでとてもいい環境だと思います。

学校のお勧めスポット

木の上とか登るとすごい気持ちいいです!

お勧め授業

里地里山の保全管理演習です。あと授業以外でも地域的なマネジメントについて興味がある方は施策マネジメント基礎演習などに参加すると授業以上に楽しいことがたくさんあるので興味がある人は履修をおすすめします。今後、造園、設計、公務員などに進まれる方にとってはこういった環境や地域的な文化のことを知らないととても後悔することとなります。授業以外で勉強になることもたくさんあります。

受験生に何か一言

勉強する、という感じではなく、楽しむという姿勢でいたらたくさん知識が増えますよ。いきものが大好きな人にとってはこれからの生き方を考えるのにとてもいい環境だと思います。嫌いな人についてはそういった将来の就職先もあるということを知ってもらえると嬉しいです。このページを見て、例えば環境に優しい設計物を動物視点や植物視点で考えてみる、という意識を持ってもらえたら嬉しいです。最後に自然環境のマネジメントには現実主義の姿勢が大事だと思います。キチンと現実を見ることが大事でそういう環境がこの学校にはあると思います。

PAGE TOP