全寮制コースの1年間の流れ

4月~8月 7月下旬~10月上旬 10月~2月
授業 園芸療法実習 授業

4月は、入学式前に入寮・島内見学があります。入学式の後はガイダンス、そして授業が始まります。

7月から始まる「園芸療法実習」の前に,園芸療法,園芸関連,医療関連,福祉分野の科目を中心に学習します。

5・6・7月の授業は4月と同様ですが,「園芸療法実習Ⅰ」など実践的な演習が増えていきます。

7月からは,「園芸療法実習Ⅱ」が始まります。学生は,島内,県内の医療施設,福祉施設へ通い,そこで具体的なアセスメントを行います。実習Ⅲでは,そのアセスメントをもとに園芸療法プログラムを立案し,再度同じ実習施設で7週間の園芸療法実習を実施し,実践的な力を養います。

10月上旬に実習を終えた学生は淡路へ戻ってきます。そして症例報告会を行い実習の成果を報告します。症例報告会には、指導してくださった実習施設の方々、外部講師、卒業生、本校教員などが参加します。

10月中旬~10月下旬は秋季休業期間です。その後,授業再開です。

12月後半~1月上旬は冬季休業期間です。

1・2月の授業は通年科目の学習の他に,マネージメント分野の授業や、植物利用の具体的な演習など園芸療法特論があります。園芸療法学習の総まとめの時期になります。

そして,3月には卒業式となります。

PAGE TOP