平成26年5月24日・25日に台中のFeng-Chia Universityにて、台湾グリーンケア協会(Formosa Green Care Association)主催の第8回The 8th International Conference on Horticultural Therapyが開かれました。

日本からは日本の園芸療法の草分けの一人である菅 由美子氏と、本校の豊田教員が出席しました。

他にアメリカからは園芸療法士のSheila Gallagher氏(Melwood:知的障害者対象のナーセリー施設)が「Volunteer Programs and Events of Horticultural Therapy in the USA」と題した講演を、台湾からはChun-Yen Chang氏(国立台湾大学教授)が「Physical and Psychological Benefits at Restorative Environment」と題した講演を行いました。

豊田教員は、「Healing Garden Design and Cases Study -施設の庭や空間をヒーリングガーデンにしていくために」と題し、ヒーリングガーデンに必要な要素(安全、解放、広がり、魅了、適合性・統制感、運動、社会的支援)に関するセオリーの解説と、庭を利用する人の疾患や障害を理解してヒーリングガーデンに必要な要素を取り入れた空間を作っていけば、どのような施設の空間もヒーリングガーデンとなりうるという事例を紹介しました。

20140602-112121-788520140602-112121-2039

  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
  • TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)
PAGE TOP