兵庫県が姉妹県提携を行っている、フランスのアヴェロン県の県議会議長を団長とする訪問団が当校にお見えになり、意見交換を行いました。

今回、この訪問団は、淡路島における「環境未来島構想」の推進方策について視察に来られたのですが、その構想の関連施設である当校にも立ち寄られ、当校の教育・研究活動のようすを視察されました。

短い時間での意見交換でしたが、フランスでも造園技術者育成に関心があること情報提供いただき、当校の3つのコースからなる学校の仕組み、高齢化社会の到来を見据えて当校の園芸療法の取り組みに関心をもたれました。

このようなことを踏まえ、互いに人的交流を行えないか、検討していことになりました。

これから、フランスともネットワークを広げるきっかけができました。

なお、訪問団は
上述の、アアヴェロン県県議会議長、同じく副議長のピエール・マリー・ブランケさん、そしてアヴェロン県の国際交流協会課長のインバル・ザンクさんなどでした。

20120905-145420-319620120905-145455-8571

  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
  • TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)
PAGE TOP