氏名

上村晋平

入試方法

AO入試

出身大学学部学科(専攻)

京都学園大学バイオ環境学部バイオ環境デザイン学科(都市環境デザイン)

入学のきっかけ

 もともと都市部での生物多様性保全などに興味があり、大学院進学を考えていました。そんなときオープンキャンパスに参加して学校の環境や都市緑地に関する講義内容からこの学校に興味を持ちました。特に澤田先生の下で勉強したいと思い、入学しようと決めました。他大の院とも迷いましたが、修士取得後は働きたいと思っていたので専門職大学院であることと、家賃無しのレジデンスが決め手になりました。

受験対策

 卒業研究の内容をまとめて時間内にプレゼンする練習と、英文を速く正確に読む練習をしました。

学生生活について

 寮生活は友人との距離が近く、この感覚に合えば毎日とても楽しいです。ただ、淡路島の山奥なので本土とは色々な意味で隔離されます。世間の流れから取り残されることもあるので、新聞・ニュースくらいは見た方が良いでしょう。

学校のオススメポイント

 何といっても環境です。学校自体がきれいな庭になっていて歩くと気持ち良く、周りには圃場整備前の水田などが残っていて様々な動植物が見られます。生き物好きな人にはとても刺激的な所なのではないでしょうか。

オススメの授業・演習

【里地里山の保全管理演習(保全管理領域)】
 そろそろ自分の研究にも本腰入れたいと思っています。

受験希望者に何か一言

 コンサル系や公務員など、緑環境に関連する職場に就職したいと考えている人にとっては間違いない学校だと思います。知識だけでなく実務的な経験も積めるので、確実にスキルアップできます。ただ通常の大学院ではないので、1年生の時には課題も学部時代以上に多いかもしれません。純粋に自分の研究に集中したい、という方にはオススメできません。

PAGE TOP