豊田教員がバイオフィリアと屋内緑化のニューノーマルについて講演しました_2022.6.15

令和4年6月15日、全国の園芸店、ガーデンセンター、生産者、市場関係者で組織される “新しい園芸を考える会” の皆様60名が本校を訪れました。

豊田教員からは、「ウイズコロナ時代におけるバイオフィリアと屋内緑化のニューノーマル」と題して、
・バイオフィリア(生命愛)は全ての人に備わっていて、この特徴があるから誰もが花や緑を見て癒される
・気に入った植物を見ることで、ストレス反応を引き起こす扁桃体の興奮が鎮まる
・疲れやストレスがたまった時に、3分間植物を見る『ネイチャーブレイク』をするとストレスのクールダウンになり、これを繰り返すことでストレスをためないで済む
・ストレスを慢性化させないことが、生活習慣病やうつの予防になる
・これからの屋内緑化では、業者も購買層となる市民も、照度計アプリ(無料)を携帯にインストールして、植物の最低生育照度係数を確認しながら生育できる明るさが確保できる場所をさがすこと。生育できる明るさが確保できないときは、植物育成用LED照明を使う。これが、植物を枯らさずに育てるためのニューノーマルになっていく
とのお話がありました。

講演後は、質問も活発にいただき、「淡路島まで来てよかった」「大変、有意義な研修会であった」との感想をいただきました。

多目的ホールにて講演する豊田教員
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP