【セミナー】都市公園におけるインクルーシブな遊び場づくりの現状と課題 6月8日(土)14:30~16:00 オンライン

近年、都市公園においては、インクルーシブ(包摂)と銘打った広場や遊び場づくりに関する取り組みが盛んです。一方、これらインクルーシブが指し示す言葉には定まった定義がないため、自治体等の取り組みは各担当者が試行錯誤のうえ、推し進めているのが現状です。そこで、本セミナーでは、国内の取り組みに関する全国的な動向および現場における課題を共有、それらに関連する方々を交えた議論を通して、インクルーシブな遊び場づくりの今後について考えていきます。

【共催】日本福祉のまちづくり学会関西支部、兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科

 

6月 8日(土):14時30分~16時  :オンライン
       ・Zoomのインストールが必要です
       ・字幕機能お使いいただけます

 話題提供
  趣旨説明 美濃伸之 兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科

 ■「都市公園におけるインクルーシブな遊び場づくりの動向」
      曽根直幸 国交省・近畿地方整備局・建政部・公園調整官

 ■「大阪府営公園の施設整備における当事者参画の取組み」
      堤公平 大阪府・都市整備部・公園課・公園整備グループ総括主査
 討論
  コメンテータ 剱持卓也(兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科)
         鈴木千春(日本福祉のまちづくり学会関西支部幹事)
 閉会
  北川博巳(近畿大・日本福祉のまちづくり学会関西支部長)

参加費無料・要申込 問い合わせ・申し込み
 美濃 伸之
 minonobu■awaji.ac.jp(■を@に変えてお申し込みください)

2024年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP