海外客員教員パク・シナエ先生の特別公開講座が開催されました

平成29年11月19日(日)に韓国から来校されたパク・シナエ先生(建国大学)の特別公開講座が本校で開催され、園芸療法課程修了生・学生、一般の方、ANGの方が参加されました。パク先生は精力的に園芸療法のエビデンスとなる研究をされています。

前半は、「現代の医療は、従来型の薬・放射線・手術によるだけでは解決しきれない課題が認識され、それを補完代替医療が補い、両者がともに必要とされる統合医療へと変化している。そうした中で園芸療法も注目されている」、「韓国では5つの大学で園芸療法の学部・大学院課程があるほか、25の大学の生涯教育センターで短期の講が開講されている」ことなど、韓国においても園芸療法への関心が高いことが紹介されました。

後半には、高齢女性、脳卒中患者、知的障害者、統合失調症患者などいろいろな被験者を対象にした園芸療法研究の成果が紹介され、こうした成果を私たちも園芸療法実践でエビデンスとして利用していくことの重要性を十分に理解することができました。

講演後も、参加した修了生からは熱心な質問が続き、とても有意義な時間となりました。

講演後にパク先生を囲んで

シャトルバスの関係で記念撮影まで残れなかった方が大勢いらっしゃいました。申し訳ありません。

(文責 豊田)

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP