“看護の日”に園芸療法課程のブース展示を行いました。

5月12日は、近代看護を築いたナイチンゲールの誕生日にちなみ“看護の日”。兵庫県看護協会主催の看護の日記念イベントが神戸市元町でありました。本校は、来年度からの園芸療法課程の新カリキュラムPRも兼ねて、”フラワーアレンジメントから学ぶストレスマネジメント”のミニ講座を実施しました。
 30分、4回のミニ講座は全て満員。まずは園芸のストレス軽減と瞑想法の1つであるマインドフルネスの関係の話。続いてマインドフルネス体験。最後にストレスを下げるフラワーアレンジメントのやり方を実践しました。

ある参加者の方が「最近、ストレス性の発疹が出て、どうしたらよいのか困っていました。今日は、頭を休めてストレスを下げる時間の作り方がわかった」と笑顔で話された時、こちらも嬉しくなりました。

今回の内容の本格版は、9月2日(日)、22日(土)に本校のまちづくりガーデナーテーマコース『園芸療法基礎講座 緑を用いたストレス・ケア入門』で行います。

(文責 豊田正博)

 

気に入った花を見ながら、言葉にせず“ぼーっと”眺める時間。
あまり考え込まず、気に入った花を手に取り、できるだけ“無心”になって花をさす。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP