淡路景観園芸学校 SDGs推進の基本方針

1.淡路景観園芸学校がSDGs達成に向けて貢献できること

気候変動の進行による自然災害の多発化、生物多様性の喪失、飢餓や貧困問題など、世界では、様々な問題に直面しています。それらの問題の解決向けて、2015年には、国際社会共通の目標として、2030年までに達成すべき17の項目、SDGS「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が定められました。これは、遠い世界の出来事ではなく、日本の私たちの生活にも深く関わっています。これからの時代に向けて、淡路景観園芸学校は、SDGs達成に向けて、どのような貢献ができるかを考えています。

 

2.淡路景観園芸学校の強み

淡路景観園芸学校は、1999年の開学から20年間、「景観園芸」という専門分野を活かし、学際的な分野をつなぎ、持続可能な社会の構築に向けて教育や研究を行ってきました。また、それらの実践を通じて持続可能な社会の実現に貢献しています。

 

3.淡路景観園芸学校がSDGs達成に向けて進める3つの柱

淡路景観園芸学校は、3つの柱を立て、このSDGsを達成していきます。
第一は、「景観園芸」の教育及び研究を通じて、SDGs達成に向けたソリューションを開発し、これからの持続可能な社会の構築に向けて活躍する人材の育成を行うことです。
第二に、多様な地域の課題を解決するために、SDGs 達成に向けた実践活動を兵庫県内外で行い、地域の環境改善活動に寄与することです。
第三に、学校運営や組織ガバナンスにおいて、人材の多様性の尊重、環境負荷を低減するキャンパス運営を行い、広範な分野でSDGsを達成します。

 

News

「Bamboo Life ‘竹でつなぐ庭’」ショートムービー

2000年の淡路花博の20周年記念として花みどりフェアが淡路島で開催され、本校からも会場に庭園作品を出展しました。

コロナ禍における混乱、断絶。社会は大きく波打つように変化しており、それとともに、今までとは違うライフスタイルの選択肢が生まれてきています。竹の力強さやしなやかさに可能性を見出し、自由に、多様な生き方が選択できる新たな時代を「みなとつながる」をテーマに制作しました。(公開期間:2021年9月18日~10月31日)

 

 

「淡路から発信し実践・提言するSDGsのデモンストレーションガーデン ~海風を感じるガーデン」ショートムービー

2000年の淡路花博の20周年記念として花みどりフェアが淡路島で開催され、本校からも会場に庭園作品を出展しました。

作品はSDGsの目標15「陸の豊かさを守ろう」をキーワードに、陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止することを基本理念とし、淡路島内の生物多様性を脅かす放置竹林の拡大に着目しました。

作庭は山から間伐した竹を主な材料とし、淡路島の海岸で拾ったシーグラスや貝殻を用いて淡路島の魅力である海の要素や花を組み合わせて地域らしさを表現しています。また、庭には地域産業の一つである淡路瓦も使用し、地域産業の振興や産業廃棄物の削減にも作庭を通してつながったと考えられ、SDGsの目標12にも関わりました。

庭の設置場所は淡路島国営明石海峡公園移ろいの庭で、現地が海への良好な眺望と穏やかな風が感じれる空間です。作品はこのような場所特性を生かし、冬至10時の太陽の位置に向かって、海への景観軸を誘導し、竹材でつくった風車を加え、太陽光との関わりや風車の動きを通して海風の可視化によって、場所に固有のポテンシャルを引き出し、特色のあるランドスケープの形成を図りました。
(公開期間  2021年3月20日~5月30日)

 



ヤギで継ぐ未来島プロジェクト
~ヤギたちが「くにうみ太陽光発電所」で除草を開始~

普段はキャンパスの緑地の除草に活躍しているヤギたちが、校外に出掛けて除草作業を開始しました。
「くにうみ太陽光発電所(淡路市岩屋、県立淡路島公園北側)」は、兵庫県が進める、持続する環境の島の実現を目指す「あわじ環境未来島構想」の取り組みの一つとして作られた発電所です。
環境負荷の低減を進める太陽光(再生可能エネルギー)発電所の緑地管理に、自然環境にやさしいヤギ除草を組合せ、自然と共生する持続可能な暮らしを実現するためのモデルを提案します。

期間 令和4年3月28日~4月11日



SDGs推進チームの活動

 



『マイクロプラスチック』をテーマとしたワークショップを行いました。(2021.8.9)

 8月9日(月・祝)、緑環境景観マネジメント研究科生8名が、淡路市立サンシャインホールにて淡路市立東浦図書館との共同主催で『マイクロプラスチック』のワークショップを行いました。
 『マイクロプラスチック』は、河川や海に流されたゴミが波や岩に当たり、5mm以下に細かくなったプラスチック粒子で、有害物質が付着しやすく、海の生き物が間違って食べるなど生物への影響が懸念されています。
 淡路島の砂浜へ漂着するゴミにどれだけのマイクロプラスチックが混じっているのかを探す実験、海ゴミに関するクイズ、漂着したプラスチックゴミを再利用したキーホルダー作りなどを小学生20名に体験してもらいました。
 子供たちは、積極的にクイズに答え、作業にも熱中して取り組み、保護者の方もクイズの解説に熱心に聞いてくださり、キーホルダー作りに参加するなど、会場は大いに盛り上がりました。
 子供たちからは「海ゴミのことが良く分かった」、「また参加したい」といった声が聞かれ、体を動かし楽しみながら学んでもらうことができたと感じました。親子でゴミを減らしていく方法を日常生活の中で意識してもらえるきっかけになれば嬉しいです。

(神戸新聞にも掲載されました↓)
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/202108/0014578418.shtml


海ゴミ(小さなプラスチック)を使った子ども向けワークショップを実施します(2021.8.9)

『夏休みの自由研究は、海ゴミでSDGsにハンドメイド』

日時:2021年8月9日(月・祝)
場所:淡路市立サンシャインホール 1F 図書館前
対象:幼児(保護者同伴)~ 小学生 *先着20名



石屋小学校で研究科生6名が『マイクロプラスチック』をテーマとした環境学習を実践しました(2021.6.4)

6月4日(金)、緑環境景観マネジメント研究科生6名が、淡路市立石屋小学校の5年生の総合学習で海ごみの出前授業を行いました。
 近年、世界中で問題となっている海ごみ。中でも『マイクロプラスチック』は、5mm以下に細かくなったプラスチック粒子で、生物への影響が懸念されています。授業の日は雨でしたので、近くの田ノ代海岸で前日に砂を採取し、どれだけマイクロプラスチックがあるのかをふるいにかけて探してもらい、それらがどんな問題を引き起こしているのかなどを説明しました。生徒の皆さんは、とても興味を持って、熱心にメモをとり、積極的に意見を発言してくれました。
 今後も小学生と一緒に活動する予定なので、これからの活動が楽しみです。

 

子ども向けSDGs小冊子「淡路景観園芸学校×SDGs 未来につなげる淡路島のくらし」を発行し、淡路市内小学生へ配布しました(2021.3.10)

「淡路景観園芸学校×SDGs 未来につなげる淡路島のくらし」

 



「あわじのくらし展」2020年10月29日(木)30日(金)

SDGs通信

創刊号(2020年6月)

第2号(2020年9月)

第3号(2021年1月)

第4号(2021年4月)


 

PAGE TOP