淡路景観園芸学校 SDGs推進の基本方針

1.淡路景観園芸学校がSDGs達成に向けて貢献できること

気候変動の進行による自然災害の多発化、生物多様性の喪失、飢餓や貧困問題など、世界では、様々な問題に直面しています。それらの問題の解決向けて、2015年には、国際社会共通の目標として、2030年までに達成すべき17の項目、SDGS「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が定められました。これは、遠い世界の出来事ではなく、日本の私たちの生活にも深く関わっています。これからの時代に向けて、淡路景観園芸学校は、SDGs達成に向けて、どのような貢献ができるかを考えています。

 

2.淡路景観園芸学校の強み

淡路景観園芸学校は、1999年の開学から20年間、「景観園芸」という専門分野を活かし、学際的な分野をつなぎ、持続可能な社会の構築に向けて教育や研究を行ってきました。また、それらの実践を通じて持続可能な社会の実現に貢献しています。

 

3.淡路景観園芸学校がSDGs達成に向けて進める3つの柱

淡路景観園芸学校は、3つの柱を立て、このSDGsを達成していきます。
第一は、「景観園芸」の教育及び研究を通じて、SDGs達成に向けたソリューションを開発し、これからの持続可能な社会の構築に向けて活躍する人材の育成を行うことです。
第二に、多様な地域の課題を解決するために、SDGs 達成に向けた実践活動を兵庫県内外で行い、地域の環境改善活動に寄与することです。
第三に、学校運営や組織ガバナンスにおいて、人材の多様性の尊重、環境負荷を低減するキャンパス運営を行い、広範な分野でSDGsを達成します。

 

SDGs推進チームの活動

SDGs通信

創刊号(2020年6月)

 

PAGE TOP