ソウル大学大学院、千葉大学大学院との共同学生セミナー(第五回)を開催しました

さる8月2日、本校において、第五回目となる国際共同学生セミナーを開催し、当校からは学生2名が参加し英語での発表を行いました。
 
三大学大学院の共同による学生セミナーは、2013年にソウル大学で始まり、以降各校が順番に持ち回りで開催してきており、今回で第5回目となりますが、今回はこれまでの三大学に加え、インドネシアからボゴール農科大学の参加もあり、4大学での合同セミナーとなりました。

プログラムの概要

今回のプログラムは、以下のようになっており、今回は、この会場だけではなく、国内で連携している宮城大学とインターネットを活用した遠隔システムで結び、意見交換に参加してもらいました。

 

セミナーの様子

本校からは二年生の石塚昇路君とNGUYEN THI DIEM MINHさんが現在取り組んでいる修了制作のこれまでの成果を発表しました。

20160811-082252-8163

石塚君の発表のようす

20160811-082252-1864

Minhさんの発表のようす

発表に先立っては、本校の藤原研究科長から歓迎の挨拶を行い、ボゴール農科大学のBambang Sulistyantara造園学科長・教授から基調講演を、ソウル大学環境大学院造園学科のSonYonghoon学科長、およびSongYoungkeun先生からも研究紹介をいただきました。

学生発表では、本校とともにソウル大学、千葉大学、ボゴール農科大学のそれぞれからの発表があり、活発に意見交換が行われ、学生同士の交流が深まりました。

20160811-082802-4157

藤原研究科長の歓迎のあいさつ(宮城大学と遠隔システムでむすんで)

20160811-082802-9281

ボゴール農科大学Bambang教授の基調講演

 

屋上庭園でのランドスケープ作品制作

なお、今回はこのような研究発表会だけではなく、ランドスケープに関する実際の活動を共同で行う取り組みに挑戦し、本校のキャンパス内に参加学生らが共同で「坪庭」づくりを行いました。

坪庭は、本校キャンパスの屋上庭園の一角の2㎡弱の花壇とし、そこに本校修了生で造園施工会社に勤める矢倉達也氏の指導のもと、参加者全員で坪庭制作を行いました。

20160811-083057-2256

四つ目垣の支柱立てから開始

20160811-083057-4438

四つ目垣の材料制作

20160811-083227-8351

シュロ縄を使った結束を指導してもらいます

20160811-083228-6604

なれるまでは、ひとりで練習

20160811-083357-6222

結束のしかたにもなれてきました

20160811-083357-6027

だんだんと四つ目垣が姿を見せてきました

20160811-083623-4485

垣ができたら築山の作業

20160811-083623-7673

築山の仕上げも慎重に

20160811-083739-7259

景石の据え付け

20160811-083739-1436

植物材料の配置

20160811-083905-7490

白玉石で水を表現

20160811-083905-1689

水の景観もできてきました

20160811-084040-5143

全員の協力により3時間弱で完成です

 

全員の協力で立派な坪庭ができあがり、以前の花壇からすっかりようすが変わりました。

20160811-084301-7365

施工以前はこのようなようすが・・・・

20160811-084301-5506

完成後

制作を終えて

今回の体験は、どうしても屋内での研究作業が中心となりがちな大学院生にとっては、実際のランドスケープ作品を制作するという貴重な経験になったと思います。

終了後は、全員でBBQを楽しみました。

翌日は、本校近くの小さな酒蔵と壮大なランドスケープ作品である淡路夢舞台を見学し、お昼に解散となりました。

この取り組みは、次年度以降も三大学を中心に継続していく予定です。

 

 

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
PAGE TOP