3期生(平成24年度修了)の久野航(くの ごう)さんが「ちいかん全社集会2016 技術成果発表会最優秀賞」を受賞しました

緑環境景観マネジメント研究科3期生(景観園芸学校13期生)の久野航(くの ごう)さんは調査系コンサルタントである株式会社地域環境計画で活躍していますが、「ちいかん全社集会2016 技術成果発表会最優秀賞」を受賞しました。受賞テーマは「耶馬日田英彦山国定公園におけるニホンジカ捕獲事業の取り組み」

これは、福岡県、大分県、熊本県にまたがる耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園における鳥獣捕獲等事業実施計画策定に必要となる各種調査と試験的捕獲による効果的・効率的な捕獲手法の検討を行ったものです。(以下参照)

株式会社地域環境計画News Letter2017 No.41

久野さんの研究科での保全管理実践演習(修士論文に相当)のテーマは「淡路島におけるイノシシと人との関わりをもとにした世代間の交流」であり、イノシシ被害の現状や地域での狩猟や利活用などを調査し、洲本市民工房(アルチザンスクエア―)で「あわじとイノシシ展」を開催したり、わな免許を取得したり、在学中も活発に活動していました。今回、業務上でも成果が認められ、今後の活躍が楽しみです。(藤原道郎)

平成24年度に開催した「あわじとイノシシ展」には地元の猟師の方々も来場されました(撮影日20130112)
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP