兵庫県立淡路景観園芸学校 学長兼校長

 本校はわが国で初めて「景観園芸」という学際的学問分野を掲げて平成11年に開学した教育研究機関です。これまでに兵庫県立大学大学院でもある景観園芸専門課程を358名が修了し、兵庫県はもとより全国のまちづくり環境づくりの現場で頑張っています。また、平成14年に開講し、初の公的機関が行う園芸療法指導者養成の「園芸療法課程」では225名が兵庫県園芸療法士として各地の医療、福祉現場などで活躍しております。さらに、広く県民を対象にした生涯学習講座では、7,416名もの多くの修了者が県内各地での地域活動リーダーとして活躍しています。

 本格的な令和の時代が始まったなか、より魅力的な学校となるよう「淡路景観園芸学校新展開戦略」を掲げ、世界で活躍できる緑・景観、そして、それらを活かした地域経営のプロとなる人材育成を目指しています。自然災害、感染症の拡大等先行き不透明な状況ですが、こういった時にこそ自然と共生し、美しい自然・花や緑と人が豊かに触れ合い、いつくしみながら生き生きと生きてゆける「まちづくり」「環境づくり」が大切です。これからも世界最先端のランドスケープ技術の習得、日本の伝統技術・文化の習得、学校挙げてのSDGsの推進等に取り組んでいきます。

 今後とも、安全安心で美しく豊かな環境・県土づくりの人材養成の拠点としてますます充実・発展に努めて参りますので、ご支援ご協力くださるようお願いいたします。

 

                    兵庫県立淡路景観園芸学校

                       学長兼校長  中瀬 勲

 


  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
PAGE TOP