豊田 正博 / Toyoda Masahiro

豊田 正博

園芸文化・生活部門
園芸療法研究室
主任景観園芸専門員
兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科准教授

主な研究
1.園芸療法を活用した認知症予防
  ・・・園芸活動中の前頭前野の脳血流変動をNIRS(近赤
                      外線分光法)を用いて解析
     認知症予防園芸療法プログラム開発     
                 2010~2013 科学研究費基盤研究C「園芸療法生理
                                            的評価法の開発-臨床現場における患者・支援者のストレス軽減を探る-」
                 2015~            科学研究費基盤研究C「脳血流とTDASからみた園芸療法の認知症予防効果」
2.園芸療法を活用した障害者の就労支援
  ・・・障害者のための農作業分析法開発
     障害者の能力分析(知的能力・自閉傾向など)
     障害者と農作業のマッチングシステム開発
     農・福連携事業(障害者の就農支援)
3.セラピューティック・ガーデン
  ・・・癒しや健康改善につながるガーデンデザインの提案
     公営住宅における園芸療法を活用したコミュニティ形成・健康増進・子育て支援の提案
4.緑を活用したストレス軽減
  ・・・企業における社員の健康増進にむけた緑の活用に関する研究


経歴

2009年4月   兵庫県立大学大学院緑環境景観マネジメント研究科 准教授
2008年10月 兵庫県立大学自然環境科学研究所 准教授
          兵庫県立淡路景観園芸学校 主任景観園芸専門員
2008年3月   東京農業大学大学院農学研究科農学専攻博士後期課程 修了(博士(農学))
2006年7月   兵庫県立大学自然環境科学研究所 講師
          兵庫県立淡路景観園芸学校 景観園芸専門員
2004年4月   東京都立農産高等学校主幹教諭
2002年4月   東京都立農産高等学校教諭
1992年4月   東京都立園芸高等学校教諭
1988年4月   東京都立農業高等学校教諭
1984年4月   ニチメン株式会社
1984年3月   筑波大学第二学群農林学類卒業(農学学士)

資格
日本園芸療法学会 専門認定登録園芸療法士

教育活動

<園芸療法課程担当科目>
「園芸療法基礎」,「園芸療法の手順」,「園芸と環境」,「園芸療法演習」,「園芸療法マネジメント」,「園芸療法実習Ⅰ.Ⅱ.Ⅲ」

<その他の担当>
淡路景観園芸学校 まちづくりガーデナー・テーマコース「園芸療法サポーター養成講座」6,7月開講
兵庫県立大学公開講座 「花とみどり 癒しの科学 ~園芸療法と脳のはなし~」 7月開講   

<大学担当科目>
「CP概論」,「CP実践論」

社会活動

2016年10月 第67回日本学校農業クラブ全国大会大阪大会プロジェクト発表審査員
2016年 6月~ 農福連携専門家派遣事業 アドバイザー(障害者就農支援) 
2015年12月~学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業のための意見交換会(農業)メンバー.  
2014年2月   平成26年度「スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール」企画評価会議委員.文部科学省. (~2016.3.31)
2012年8月   兵庫県立淡路島公園管理運営協議会委員. (~2014.3.31)
2011年4月   兵庫県立播磨農業高等学校「平成23年度高校生心のサポートシステム研究開発校」
        園芸療法アドバイザー.兵庫県教育委員会高校教育課.(~2013.3) 
2010年10月 小野長寿の郷(仮称)構想のあり方検討委員会委員.兵庫県県土整備部.(~2011.3)
2011年4月   淡路市病院整備検討委員会委員.淡路市.(~2012.3)
2009年4月   公園・花・こども国際フォーラム実行委員会委員.淡路花博10周年記念事業実行委員会.(~2010.3)
2009年4月   平成21年度産業技術・情報技術等に関する指導者養成研修会
       (科目「生物活用」に関する指導者養成研修)企画運営委員.文部科学省.(~2010.3) 
2008年6月   目指せスペシャリスト企画評価会議委員.文部科学省.(~2009.3)
2006年6月   学習指導要領の改善等に関する調査研究(高等学校農業)委員.文部科学省.(~2009.3)
2002年10月 評価規準、評価方法の研究開発(高等学校農業)検討委員.国立教育政策研究所.(~2004.3)
1998年4月   高等学校新学習指導要領(農業)研究委員.文部科学省.(~1999.3)

研究活動

論文(抜粋)
Toyoda, M., Yokota, Y., & Rodiek, S. (2017). Gardening May Repeatedly Activate the Frontal Pole, Journal of Behavioral and Brain Science,(7) 464-483.
 ・Takashi Fudano, Keiko Kataoka, Rihito Takisawa, Fumiko Kishida, Masahiro Toyoda, Midori Kaneko, and Yutaka Shiroyama. (2016) Utilization of Bamboo Powder as a Substrate for Horticultural Production. 農業生産技術管理学会誌. 23(2)49-60.
 豊田正博・杉原式穂・金子みどり・天野玉記. (2016) 平易なフラワーアレンジを用いた園芸療法が認知症高齢者と支援者に与える生理的・心理的効果. 日本認知症予防学会誌. 5(1)2-11
・Toyoda, M., Yokota, Y., & Rodiek, S. (2016). A Motor Programming Task Activates the Prefrontal Cortex More than a Sensitivity-to-Interference Task or an Inhibitory Control Task in Older Adults. Journal of Behavioral and Brain Science, (6) 433-447.
・Toyoda, M. and Yokota, Y. (2016). The effects of gardening activities on prefrontal area measured with near-infrared spectroscopy (NIRS). Acta Hortic. 1121, 33-38
・星川雅子・豊田正博. (2015) 園芸療法のための利用目的からみた淡路島および淡路景観園芸学校の有用植物・ハーブリスト. 景観園芸研究. 17:39-45.
・豊田正博・金子みどり・横田優子・浅井志穂・札埜高志・城山 豊. (2016) 知的障害者就労支援における農作業分析と難易評価法の開発. 人間・植物関係学誌. 15(2):1-10.
・豊田正博 (2013). 園芸療法定着期における淡路景観園芸学校園芸療法課程の教育. 農業および園芸. 養賢堂.299-307.
・TOYODA,M.(2012).Horticultural therapy in Japan:History, Education, Character, Assessment. Journal of Art and Design No.2. 東海大学(台湾)51-65.
・豊田正博 (2012)被災地における子どもの心のケアと園芸療法の活用.景観園芸研究(14)40-41.
・豊田正博,牧村聡子,天野玉記,曽賀佐代子 (2010)高齢者デイサービスの利用者を対象とした園芸療法の効果.日本認知症ケア学会誌.9(1)9-17.
・白坂直子,杉原式穂,豊田正博 (2009)園芸療法を介して施設生活への適応を目指した1事例.日本園芸療法学会誌1(1):28-31.
・豊田正博  (2009)高齢者を対象とした園芸療法評価法の開発.景観園芸研究10・11:15-90.
・豊田正博,山根寛(2008)園芸療法の評価の現状と課題-わが国における園芸療法実践報告の分析より-.臨床作業療法5(4) 348-352. 
・豊田正博・山根 寛.(2008)園芸療法評価の試み-淡路式園芸療法評価表(AHTAS)と既存の評価尺度による検証-.京都大学医学部保健学科紀要健康科学5.29-35.
・TOYODA,M.(2008)Evaluation viewpoints of instruction on social role of horticulture.Acta Horticulturae 790.289-292.
・TOYODA,M.(2008)Development of horticultural therapy evaluation system on three elements (program-support-client).Acta Horticulturae 790. 55-61.
・豊田正博(2008)高齢者対象とした園芸療法実践的研究の課題-実施施設,健康状態,目標からの考察-.人間・植物関係学会雑誌7(2) 15-21.
・豊田正博,池田尚弘(2007)学会誌などにおける実践的研究の発表からみた日本の園芸療法の現状と課題.人間・植物関係学会雑誌6(2).41-46.

著書(抜粋)

・ 豊田正博  (2016)  特集 高齢者・障害者と農業・園芸 花とみどりで人を癒す園芸療法. 2017.3. 福祉介護TECHNOプラス3月号.8-12.日本工業出版.
・ 豊田正博(2016)農業分野における障害者就労支援 知的障害者と農作業のマッチング・ハンドブック. 兵庫県・兵庫県社会福祉事業団  総合リハビリテーションセンター 能力開発課.
・ 豊田正博  (2016)  園芸療法士をめざすには? どこで・何を・どう学ぶか. グリーン情報 Garden Center. 22-23. グリーン情報. 名古屋.
・ 豊田正博(2015)  園芸療法から見た植物のチカラ-園芸療法と認知症予防-. 2015.5. 園芸通信5月号.42-45. ㈱サカタのタネ.
・ 豊田正博(2015)  園芸療法から見た植物のチカラ-創造活動が人を癒す-. 2015.6. 園芸通信6月号. 42-45. ㈱サカタのタネ.
・ 豊田正博(2015)  園芸療法から見た植物のチカラ-健康と園芸の活用最前線-. 2015.11. 園芸通信11月号. 44-47. ㈱サカタのタネ.
・ 豊田正博(2015)  園芸療法から見た植物のチカラ-緑の中で人が人を癒す-. 2015.12. 園芸通信12月号. 46-49. ㈱サカタのタネ.
・豊田正博(監修),ソン・キチョル著,パク・ソヨン訳(2015)室内植物があなたを救う. 農文協. 東京.
・Masahiro Toyoda (2013) Chapter15 Green Care in Japan. Green Care. 289-304. NOVA Science Publishers.
・豊田正博  (2012) ガーデニングの活用と園芸療法. 鑑賞園芸学. 225-234.文英堂出版. 東京.
・豊田正博(2012)淡路島における障がい者に対する新たな農業就労モデルの開発. 728(62)26-34. 農村と都市をむすぶ. 東京.
・豊田正博(2012)花と緑のまちづくりと心のケア.都市緑化技術83. 8-11. (財)都市緑化機構.東京.
・豊田正博(2011) 脳科学の視点から園芸療法を考える.作業療法ジャーナル別冊45(7)805-807. 三輪書店.東京.
・豊田正博(2009) 成熟型ランドスケープの創出-緑環境景観マネジメント-第4章 景観を形成する緑 環境マネジメント 4-3 緑環境がもつ癒し空間の効果と創出 2.癒し空間の創出.230-233.ソフトサイエンス社,東京.
・ソン・キチョル他(訳)豊田正博(2007) はじめてみよう園芸療法(韓国語版)トリアート社,ソウル,韓国.
・豊田正博(1998) はじめてみよう園芸療法.家の光協会,東京.
・豊田正博,西川綾子(共著) (1995) 図解やさしい花作り入門.西東社,東京.
・豊田正博,神田シゲ (共訳)(1990)ハーブ大全.小学館,東京.

  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • ALPHA祭
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
  • 専門職大学院課程 緑環境景観マネジメント研究科 パンフレット
  • 7期生座談会
  • 6期生座談会
  • 5期生座談会
  • TRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)
PAGE TOP