• 見頃の植物

  • Warning: Use of undefined constant ASC - assumed 'ASC' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/awaji-ac-jp/www/wp-content/themes/alphagardern/page-migoro-single.php on line 31

    Warning: Use of undefined constant page - assumed 'page' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/awaji-ac-jp/www/wp-content/themes/alphagardern/page-migoro-single.php on line 32
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 薔薇色の日々

3.ベニカエデ

 

学 名:Acer rubrum
科 名:ムクロジ科
原産地:北アメリカ
植栽場所:図書館前の通路

 

みなさんも、紅葉し始めた樹木をみると秋を感じるのではないでしょうか。

ALPHAガーデンのベニカエデは、10月の初旬にほかの樹木よりも一足先に

赤々とした葉をつけています。

深い赤色の葉はとてもきれいで見ていて落ち着きます。

また、まだ緑色の葉も残っているため、

遠くから見ると緑と赤のグラデーションが楽しめます。

 

葉の大きさはまちまちで、大人の握りこぶしくらいの大きさもあれば、

赤ちゃんの手のひらくらいの小さなものもあります。

葉の裂け方も3~7裂と様々なので、

一枚一枚の葉の違いを見比べてみても面白いかもしれません。

葉柄が長く、葉がだらんと垂れているように見える姿は、なんだかかわいく思えます。

 

ベニカエデは暑さにも寒さにも強く、育てやすい樹木だそうです。

紅葉がとてもきれいなので、庭木としてもよく使われます。

春には、葉が出てくる前に赤い花をつけるので、春の姿もぜひ見てみてください。

 

 

 

 

 

「文化の中のベニカエデ」

ベニカエデは別名アメリカハナノキといいます。

ハナノキとは、日本固有のムクロジ科の樹木で、

ベニカエデと近い種です。

葉の大きさがハナノキは4~10センチですが、

ベニカエデは8~10センチと

ハナノキより大きめです。

また、ハナノキの葉の形はスペード型や3裂など

あまり葉が裂けていません。

 

ハナノキは、長野県、岐阜県、愛知県の3県にまたがる局所的な地域と

長野県大町市の居谷里湿地にだけ分布しており、とても希少だそうです。

ですが近年では栽培され、公園などで広く使われているそうなので、

みなさんも見たことはあるかせんもしれませんね。

 

秋の紅葉といえば、モミジが代表的ですが、

ベニカエデやハナノキでも秋を感じてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

〈参考①:庭木図鑑450 日本ヴォ―ク社〉

〈参考②:都市の樹木 433 岩崎哲也〉

〈参考③:朝日百科 世界の植物 朝日新聞社〉

〈参考④:山渓ハンディ図鑑4 樹に咲く花 山と渓谷社〉

 

 

 

PAGE TOP