8 月 

 残暑 お見舞い申し上げます。

    こんにちは!

花と緑のまちづくり研究室の柳川です。

お盆が過ぎ、そろそろ秋の虫の音が届く季節

皆さまはいかがお過ごしでしょう。

今日のキャンパスの様子をご紹介します。

 

 


【市道沿い】

 フウの木 (もうイガイガの実をつけてる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この夏 脱皮したばかりの蝉

  幹にくっついて

 今にも 鳴きだしそう!!


 

 

 

【重機倉庫の下の道へ 実践フィールドへと続く道沿い】

 

 

サンゴジュ:スイカズラ科 

  盛夏の頃 赤い実 

今を盛りとたわわに実る。(右)

 

 

ジンジャーリリー:ジンジャー属(観賞用)

 ジンジャー(食用生姜)の葉も、全く同じだけど、

  株元を充実させる為、花は付けない。

 

 

 

 


 

 

 

毎朝・毎夕・新しい花が生まれては・露のように消え

     いのち淡き一日花

 

     アルファガーデンの

夏の一日花と言えば・・・朝顔・ハマボウ・酔芙蓉・木槿・ 等

 

アオイ科:ムクゲ (これは八重咲種)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アオイ科:ハマボウ も 一日花

  盛夏に咲き、花はみずみずしく涼やかでもある。

 

 

 

 

 

 

 

視聴覚室の管理棟前に・・・

 

 ヒガンバナ科の先発は ゼフィランサス 

 にょきにょき 顔を出し始め

続いて タマスダレやヒガンバナ が開花し始める

 

 

 

 

ギンバイカ:フトモモ科 地中海原産

古代エジプト時代から女神の木とされ

 花嫁の花環や精油の原料として

葉:揉むとユーカリの香り

花:みずみずしく・ユーカリの香り

:紫色で 甘い実

 

 

 

 


 

【園芸療法ガーデン】

  作家の 湊 かなえ さんが

  園芸療法についての取材でお見えになりました。

   今後の作品が 楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェンネル の蜜を吸う

 ハッとするような美しいカマキリです。

 

 

 

 

 

水辺に スイレン

 午前中 花びらが開きだす。

 

 

 

 

 

 

園芸療法ガーデンはバタフライガーデン!?

 

 

 蝶はその種類によって好みの花蜜がある。

 

 左)ブットレア/ゴマノハグサ科・右)ランタナ/クマツヅラ科

     アゲハ蝶やタテハチョウの好きな吸蜜植物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左)ピア・ケイトウ の花蜜にヒメアカタテハチョウ

 

 

右)宿根バーベナの蜜を求めて

 モンシロチョウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


素敵な鳥小屋を見つけました。

  野鳥たちは この夏

どう過ごしているのかな!?

 

 【市道アプローチ】

 

いつも地味(ベースグリーン)なソテツだが、この夏

ダイナミックに 雌花と雄花 が開花しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

8月の炎天下でも

  生き物たちは生き生き 過ごしています。

 

 

 

 

 

 

まだまだ 猛暑が続きそうです。

コロナ蔓延・熱中症も気になりますね。

どうぞ・くれぐれも体調変化に気を付け、お過ごしください。

 

       令和4年8月16日(記)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP