景観園芸を淡路から世界へ!国際交流や留学情報のご紹介

景観園芸に関するグローバル人材の育成
 そして 景観園芸の世界への発信

兵庫県立淡路景観園芸学校では、景観園芸の概念を世界に展開していくことを目指して世界各地の景観園芸に関する教育研究機関や団体などと積極的に交流を図り、海外教員の受け入れや留学によるグローバル人材の育成、国際シンポジウムの開催や共同研究などをつうじて景観園芸の深化と世界への発信を行っています。


国際交流活動・留学に関する最新の動き・新着情報

2018.4.6  国際シンポジウム「これからの世界における日本の庭園と園芸文化」の参加者を募集します
2018.2.28(財)ソウルグリーントラストとの共同ワークショップで、学生が「ソウルの森・生態の森地区」の計画提案を行いました
2017.12.28 バンコクで開かれた国際造園家会議に出席して
2017.12.27 「ナイアガラ園芸学校 短期留学成果発表会」が開催されました
2017.12.22 海外客員教員ジョン・ムクンディ・ジョロゲ・ボスコ先生が来日され、特別公開講座など開催されました
2017.11.1  モントリオールの国際会議に出席して
2017.10.11  来年度4月から嶽山准教授がルイジアナ州立大学に1年間留学します
2017.9.25 藤原教授が北京で開催された生態学会にて特定外来種の防除についての講演を行いました
2017.9.20 台湾で豊田教員が園芸療法の講演を行いました
2017.9.8 ケニアに行って見て感じた自然


国際交流活動のご紹介

兵庫県立淡路景観園芸学校では、兵庫県立大学における国際交流活動の一翼を担うほか、独自に以下のような国際交流の取り組みを行っています。

  • ランドスケープの新潮流セミナー
  • 未来を見つけたい人ここにしかない学び
  • オープンキャンパス2017
  • 入試ガイド
  • 東日本大震災等からの復興支援方針・活動の記録
PAGE TOP